あれこれネタまとめ

Written by S.Harada

音楽を聴くことが大好き。
特にジャズがお気に入りです。



 

音楽(ジャズ) ブログランキングへ


 

  カテゴリー


  アーカイブ


  リンク



 

« New  1  ...8  9  10  11  12    Old »

2016-10-04

Waltz for Debby ( 7 ) ジャズ名盤20選

Waltz for Debby/ビル・エヴァンス

Waltz for Debby

曲目リスト
1. My Foolish Heart
2. Waltz for Debby (Take 2)
3. Waltz for Debby (Take 1)
4. Detour Ahead (Take 2)
5. Detour Ahead (Take 1)
6. My Romance (Take 1)
7. My Romance (Take 2)
8. Some Other Time
9. Milestones
10. Porgy (I Loves You, Porgy)
演奏メンバー
ビル・エヴァンス - ピアノ スコット・ラファロ - ベース ポール・モチアン - ドラム

1961年に発表された、ヴィレッジヴァンガードでのライブ盤です。ピアノトリオの名盤として、これほど有名なアルバムはないほどに有名なアルバムです。特に、ベーシスト、スコット・ラファロとのインタープレイは他の追随を許しません。これほど、ピアノに絡むベースプレイは他には見当たらない程です。ただ残念ながら、この録音の直後、不慮の交通事故により、スコット・ラファロは他界し、これが最後の録音となりました。一曲目のマイ・フーリッシュ・ハートから完全に引き込まれます。まさに、名盤!

ジャズ名盤20選  

2016-10-04

My Funny Valentine ( 6 ) ジャズ名盤20選

My Funny Valentine/マイルス・デイヴィス

My Funny Valentine

曲目リスト
1. My Funny Valentine- Live
2. All Of You- Live
3. Stella by Starlight- Live
4. All Blues- Live
5. I Thought About You- Live
演奏メンバー
Miles Davis - Trumpet George Coleman - Tenor Saxophone Herbie Hancock - Piano Ron Carter - Double Bass Tony Williams - Drums

1964年ニューヨーク・リンカーンセンターで行われたライブの模様を録音したアルバムです。良く同時期録音のFOUR AND MOREと比較され、FOUR AND MOREが"動"、MY FUNNY VALENTINEが"静"、と言われていますが、静の中の、この張り詰めた緊張感は息をのむ美しさです。ハービーハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムズの最高のリズムセクションをバックにマイルス・デイヴィスは極限のパフォーマンスを繰り広げます。とにかく、美しい!

ジャズ名盤20選  

2016-10-03

Getz/Gilberto ( 5 ) ジャズ名盤20選

Getz/Gilberto/スタン・ゲッツ & ジョアン・ジルベルト

Getz/Gilberto

曲目リスト
1. The Girl From Ipanema
2. Doralice
3. Para Machuchar Meu Coracao
4. Desafinado (Off Key)
5. Corcovado (Quiet Nights Of Quiet Stars)
6. So Danco Samba
7. O Grande Amor
8. Vivo Sonhando (Dreamer)
9. The Girl From Ipanema - 45 RPM Issue
10. Corcovado (Quiet Nights Of Quiet Stars) - 45 RPM Issue
演奏メンバー
スタン・ゲッツ - テナー・サックス ジョアン・ジルベルト - ギター、ボーカル アントニオ・カルロス・ジョビン - ピアノ トミー・ウィリアムス - ベース ミルトン・バナナ - パーカッション アストラッド・ジルベルト - ボーカル(on 1. 5.)
?
1964年に発表されたこのアルバムで、まさに、世界的なボサノバブームが始まりました。また、今なお売れ続けているロングセラーアルバムでもあります。スタン・ゲッツの西海岸的クールな演奏スタイルが、ジョアン・ジルベルトやアントニオ・カルロス・ジョビンの素朴なボサノバタッチにうまくハマって絶妙な味わいを醸し出しています。また、アストラッド・ジルベルトの初々しい歌声も必聴です。

ジャズ名盤20選  

2016-10-03

Giant Steps ( 4 ) ジャズ名盤20選

Giant Steps/ジョン・コルトレーン

Giant Steps

曲目リスト
1. Giant Steps
2. Cousin Mary
3. Countdown
4. Spiral
5. Syeeda's Song Flute
6. Naima
7. Mr. P.C.
演奏メンバー
ジョン・コルトレーン - テナー・サックス トミー・フラナガン - ピアノ(6.8.9.10.を除く) ウィントン・ケリー - ピアノ(on 6.) シダー・ウォルトン - ピアノ(on 8.9.10.) ポール・チェンバース - ベース アート・テイラー - ドラム(6.8.9.10.を除く) ジミー・コブ - ドラム(on 6.) レックス・ハンフリーズ - ドラム(on 8.9.10.)
?
マイルス・デイヴィスのカインド・オブ・ブルーと同時期、1960年に発表された、このアルバムでジョン・コルトレーンの名は一躍有名になりました。従来のハードバップから大きく変化した演奏スタイルを示したからです。複雑に、長3度で転調を繰り返すコード進行、ハイテンポのサックスプレイ、どれも、従来のハードバップからは大きくかけ離れた演奏スタイルを示しました。

ジャズ名盤20選  

2016-10-02

直立猿人 ( 3 ) ジャズ名盤20選

直立猿人/チャールズ・ミンガス

直立猿人

曲目リスト
1. 直立猿人
2. 霧深き日
3. ジャッキーの肖像
4. ラヴ・チャント
演奏メンバー
チャールズ・ミンガス - ベース ジャッキー・マクリーン - アルト・サックス J.R.モンテローズ - テナー・サックス マル・ウォルドロン - ピアノ ウィリー・ジョーンズ - ドラム


1956年に発表された、このアルバムでチャールズ・ミンガスの作曲家、バンドリーダーとしての才能が開花しました。組曲形式で演奏されていて、文学的要素を取り入れた作品として有名です。また、当時ジャズ喫茶で頻繁にかけられていました。

ジャズ名盤20選