運営者:  原田知

ジャズ大好き人間です。


Instagram


 

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
 

音楽(ジャズ) ブログランキングへ


 

  カテゴリー


  アーカイブ


  リンク


  スポンサーサイト


 

«New  1  2  3  

2016-11-08

Aquarela Do Brasil の名演はこれだ

"Aquarela Do Brasil"の名演はこれだ!

Aquarela Do Brasil

AMOROSOとBRASILの2枚のアルバムをひとつにまとめたオムニバス盤ですが、ジョアン・ジルベルトの代表的アルバムです。曲目も代表的ボサノバ曲がずらりと並び十分にボサノバを満喫できます。また、アレンジもAMOROSOがクラウス・オガーマン、BRASILがジョニー・マンデルと超一流を配し、ジョアン・ジルベルトを引き立てます。語りかけるような、歌声は最高の癒しを与えてくれます。


曲目リスト
1. Amoroso: 'S Wonderful
2. Amoroso: Estate
3. Amoroso: Tin Tin Por Tin Tin
4. Amoroso: Besame Mucho
5. Amoroso: Wave
6. Amoroso: Caminhos Cruzados
7. Amoroso: Triste
8. Amoroso: Zingaro
9. Brasil: Aquarela Do Brasil
10. Brasil: Disse Alguem (All Of Me)
11. Brasil: Bahia Com H
12. Brasil: No Tabuleiro Da Baiana
13. Brasil: Milagre
14. Brasil: Cordeiro De Nana
演奏メンバー
Vocals, Guitar - João Gilberto Keyboards - Clare Fisher* (tracks: 9 to 14), Ralph Grierson (tracks: 1 to 8) Bass - Jim Hughart Cello - Anne Goodman (tracks: 9 to 14), Rober Lebon (tracks: 9 to 14) Drums - Grady Tate (tracks: 1 to 8), Joe Correro Percussion - Paulinho Da Costa (tracks: 9 to 14) Synthesizer - Michael Boddicker (tracks: 9 to 14), Milcho Leviev (tracks: 9 to 14) Flute - Bud Shank (tracks: 9 to 14), Eddie Cainf (tracks: 9 to 14), Glen Garrett (tracks: 9 to 14), Harry Klu (tracks: 9 to 14) Harp - Stella Castellucci (tracks: 9 to 14) Viola - David Schwartz (tracks: 9 to 14), Helaine Wittenberg (tracks: 9 to 14), Marilyn Baker (tracks: 9 to 14) Violin - Bonnie Douglas (tracks: 9 to 14), Harry Bluestone (tracks: 9 to 14), Isabelle Daskoff (tracks: 9 to 14), Israel Baker (tracks: 9 to 14), Jerry Reisler* (tracks: 9 to 14), John Wittenberg (tracks: 9 to 14), Joe Goodman* (tracks: 9 to 14), Nathan Ross (tracks: 9 to 14), Paul Shure (tracks: 9 to 14), Bob Dubow* (tracks: 9 to 14), Bob Lipsett* (tracks: 9 to 14) Violin, Concertmaster ? Gerald Vinci (tracks: 9 to 14) Arranged By, Conductor ? Claus Ogerman (tracks: 1 to 8), Johnny Mandel (tracks: 9 to 14)

ジャズのスタンダード曲  

2016-11-02

Just Friends の名演はこれだ

"Just Friends"の名演はこれだ!

Live at the House of Tribes

2002年録音のこのアルバムはライブならではの臨場感をとらえた名作アルバムです。ウィントン・マルサリスのトランペットはもちろんですけど、競演のウェッセル・アンダーソンのアルト・サックスが素晴らしく、個性的なフレーズを紡ぎだしています。また、日本人べーシスト中村健吾の野太いランニング・ベースも好サポートでこのアルバムに貢献しています。


曲目リスト
1、Green Chimneys
2、Just Friends
3、You Don't Know What Love Is
4、Donna Lee
5、What Is This Thing Calling Love
6、2nd Line
演奏メンバー
ウィントン・マルサリス - トランペット、 ウェッセル・アンダーソン - アルト・サクソホン、 エリック・ルイス - ピアノ、 中村憲剛 - ベース、 ジョー・ファーンズワース - ドラムス、 ロバート・ラッカー - タンバリン、 オーランドQ. Rodriquez - パーカッション

ジャズのスタンダード曲  

2016-10-26

Body And Soulの名演はこれだ

"Body And Soul"の名演はこれだ!

1958マイルス

1974年録音のこのアルバムは鈴木勲の代表作です。メンバーが豪華で、ピアノがスイング感抜群の菅野邦彦、 ギターはデビュー間もない新鮮なギターワークの渡辺香津美、と最強のバックメンバーを得て、鈴木勲のチェロが躍動します。 また、レーベルThree Blind Miceの好録音も光ります。


曲目リスト
1. 身も心も
2. (8番街)45丁目
3. プレイ・フィドル・プレイ
4. ブルー・シティ
演奏メンバー
菅野邦彦 (p), 鈴木勲 (cello,b), 小原哲次郎 (ds), 渡辺香津美 (g), 井野信義 (bs)

ジャズのスタンダード曲  

2016-10-22

ステラ・バイ・スターライトの名演はこれだ

"ステラ・バイ・スターライト"の名演はこれだ!

1958マイルス

"ステラ・バイ・スターライト"の名演は数多くありますが、その中でも1958マイルスの"ステラ・バイ・スターライト"はダントツの名演です。 ポール・チェンバースの最初のベースの一音に被さるように始まるビル・エバンスのブロックコードのイントロ、ここでのビル・エバンスは全編 ブロックコードのみで演奏します。こんなに美しいブロックコードは他には見当たりません。そして、マイルスデイビスのミュートトランペットでの旋律が始まります。、 静かさの中に緊張感が宿ります。それに続く、ジョン・コルトレーンのテナーサックス、完璧! このアルバムは故・池田満寿夫氏のジャケット・イラストで有名ですが、日本企画のオムニバス盤ということで、マイルス・デイビスのアルバムとしてはそれほど有名ではないのが少し残念です。


曲目リスト
1. On Green Dolphin Street
2. Fran-Dance
3. Stella by Starlight
4. Love for Sale
5. Little Melonae
演奏メンバー
1. - 4.:
Miles Davis (tp), John Coltrane (ts), Julian “Cannonball” Adderley (as, 3.を除く), Bill Evans (p), Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds)
5.:
Miles Davis (tp), John Coltrane (ts), Red Garland (p), Paul Chambers (b), Philly Joe Jones (ds)


ジャズのスタンダード曲