フラットブログ

Written by S.Harada

音楽を聴くことが大好き。
特にジャズがお気に入りです。



 

音楽(ジャズ) ブログランキングへ


 

  カテゴリー


  アーカイブ


  リンク



 

1  

2021-12-25

Web3.0 未来の行くべき場所は?


Web3.0 未来の行くべき場所は?

WEB1.0からWEB2.0へWEB2.0からさらにWeb3.0へ

暗号資産ビットコインが発明されてブロックチェーン技術が様々な領域で使われ始めています。 特にスマートコントラクトの出現で、ありとあらゆるものが自動契約できる素地が出来上がりました。

最初は暗号資産などの金融部門で広まっていますが、将来それ以外の様々な部門でも使われていくことでしょう。 政治、行政、財政、教育、運輸、農業などあらゆる分野に及びます。

もしかしたら、会社自体の在り方も根本から変わる可能性すら感じさせます。株式会社からDAO会社へ。 ブロックチェーン技術の可能性はどこまで広がっていくのか楽しみがつきません。

中央集権システムから分散システム(個人集権システム)へ。個々人の権利や利益が増大するシステムへ その萌芽は徐々に実現してきています。

例えば、"Brave"ブラウザの一つですが、こちらのブラウザは使えば使うほど"BAT"という暗号資産をもらうことができます。 たぶん、将来、ブロックチェーン技術を使ったYoutubeやTwitterのようなものができて。動画やコメントをアップしたら そのたびに何かの報酬(例えば暗号資産)がもらえるようなサービスができるかもしれません。

僕個人としては最初にブロックチェーン技術を使った投票システムを実現してほしいです。 スマホから簡単に投票できて、なおかつ投票改ざんできない理想的な投票システム。これができれば直接民主主義により近い社会システムが 構築できるのではないでしょうか。ブロックチェーン技術の発展に期待!


関連記事はこちら

Web3.0とは何か?(1/5 なぜ社会はWeb3.0に移行していくべきか? )

Web3.0とは。価値・信頼に革命を起こしたブロックチェーンの本質を探る
【2022年の流行予測】仮想通貨NFTの次に来るDAOブーム!その狙いとは?

ブロックチェーン技術