あれこれネタまとめ

運営者:  原田知

ジャズ大好き人間です。


Instagram


 

音楽(ジャズ) ブログランキングへ


 

  カテゴリー


  アーカイブ


  リンク


  スポンサーサイト


 

« New  1  2  3  4  5  ...11  Old »

2016-12-13

Spain の名演はこれだ

"Spain"の名演はこれだ!

Light As A Feather

1972年にリリースされたチックコリア率いる"リターン・トゥ・フォーエヴァー"のアルバム"Light As A Feather"の中の一曲です。 フローラ・プリムのヴォーカルも良いんですけど、やはり、何と言っても"スペイン"で決まりでしょう。 大ヒットした前作の"リターン・トゥ・フォーエヴァー"のほうが評価されていますが、個人的にはこちらの"Light As A Feather"のほうが 好きです。


曲目リスト
1. ユーア・エヴリシング
2.ライト・アズ・ア・フェザー
3.キャプテン・マーヴェル
4.500マイルズ・ハイ
5.チルドレンズ・ソング
6.スペイン
演奏メンバー
チック・コリア - エレクトリックピアノ, ジョー・ファレル - サックス、フルート, スタンリー・クラーク - ウッド・ベース、エレクトリックベース, フローラ・プリム - ボーカル、パーカッション, アイアート・モレイラ - ドラムス、パーカッション

ジャズのスタンダード曲  

2016-11-25

Speak Low の名演はこれだ

"Speak Low"の名演はこれだ!

We Get Requests

1993年にリリースされたバラード集のアルバムです。ダイアン・シューアの魅力が詰まった一枚になっています。 その中でも、"Speak Low" の完成度は抜群で、アレンジはすばらしいし、何と言ってもダイアン・シューアの特徴である 高音部ファルセットの心地よいビブラートを心ゆくまで堪能できます。


曲目リスト
1. When I Fall In Love
2. Speak Low
3. I Thought About You
4. Prelude To A Kiss
5. Our Love Is Here To Stay
6. You'll See
7. September In The Rain
8. The More I See Youv
9. Crazy
10. My One And Only Love
演奏メンバー
Arranged By - Jeremy Lubbock (tracks: 5, 10), Tom Scott (tracks: 2, 3, 6, 8, 11)
Arranged By, Conductor - Mort Lindsey (tracks: 7, 9)
Bass - Charles Berghofer* (tracks: 7, 9), Chuck Domanico (tracks: 1 to 6, 8, 10, 11)
Bass [Orchestral] - Bruce Morgenthaler (tracks: 1, 4 to 6, 8, 10), Sue Ranney* (tracks: 1, 4 to 6, 8, 10)
Cello - David Shamban (tracks: 7, 9), Larry Corbett (tracks: 1, 4 to 6, 8, 10), Raphael (Ray) Kramer* (tracks: 7, 9), Ray Kelley (tracks: 1, 4 to 6, 8, 10), Suzie Katayama (tracks: 1, 4 to 6, 8, 10)
Cello [1st] - Fred Seykora* (tracks: 1, 4 to 6, 8, 10)
Drums - Ralph Humphries* (tracks: 7, 9), Will Kennedy* (tracks: 1 to 6, 8, 10, 11)
French Horn - Richard Perissi (tracks: 7, 9), Richard Todd (tracks: 7, 9), Vincent De Rosa* (tracks: 7, 9)
Guitar - John Pisano (tracks: 7, 9)
Piano - Roger Kellaway (tracks: 1 to 6, 8, 10, 11), Tom Ranier (tracks: 7, 9)
Saxophone - Dave Boruff* (tracks: 1, 4 to 6, 8, 10), Ron Langinger* (tracks: 7, 9)
Trombone - Bill Watrous (tracks: 7, 9), Chauncey Welsch (tracks: 7, 9)
Trumpet - Jack Sheldon (tracks: 7, 9), Warren Luening (tracks: 1, 4 to 6, 8, 10)
Tuba - Jim Self* (tracks: 7, 9)
Viola - Harry Shirinian (tracks: 7, 9), Kenneth Burward Hoy* (tracks: 7, 9), Mike Nowak* (tracks: 1, 4 to 6, 8, 10), Sam r* (tracks: 7, 9), Tamsen Beseke (tracks: 7, 9)
Violin, Viola - Jimbo Ross (tracks: 1, 4 to 6, 8, 10), Marilyn Baker (tracks: 1, 4 to 6, 8, 10)


ジャズのスタンダード曲  

2016-11-23

You Look Good to Me の名演はこれだ

"You Look Good to Me"の名演はこれだ!

We Get Requests

ジャズ・ピアノ・トリオの定番アルバム"We Get Requests"の中に収められた一曲です。 このアルバムは、良くオーディオチェック用のリファレンスに用いられたりしていますが、 "You Look Good to Me"はその中でも、曲想の良さ、洗練された演奏、録音の素晴らしさ、など その完成度は素晴らしいの一言です。もちろん、他の曲も素晴らしいものばかりです。 ナンバーワンのピアノ・トリオ・アルバムといっても過言ではないでしょう。


曲目リスト
1. Corcovado
2. Days of Wine and Roses
3. My One and Only Love
4. People
5. Have You Met Miss Jones?
6. You Look Good to Me
7. The Girl from Ipanema
8. D & E
9. Time and Again
10.Goodbye J.D.
演奏メンバー
Oscar Peterson - piano, Ray Brown - double bass, Ed Thigpen - drums

ジャズのスタンダード曲  

2016-11-22

枯葉 の名演はこれだ

"枯葉"の名演はこれだ!

It could happen to you

キャノンボール・アダレイが1958年に発表したアルバムの中の一曲です。メンバーの中にはマイルス・デイヴィスがいたにもかかわらず このアルバムのリーダーはキャノンボール・アダレイになっています。実際の統制はマイルス・デイヴィスが担っていたのではないかと 思われますが、それにつけても歴史に残る名演です。


曲目リスト
1. 枯葉
2. ラヴ・フォー・セール
3. サムシン・エルス
4. ワン・フォー・ダディ・オー
5. ダンシング・イン・ザ・ダーク
演奏メンバー
キャノンボール・アダレイ - アルト・サックス, マイルス・デイヴィス - トランペット, ハンク・ジョーンズ - ピアノ, サム・ジョーンズ - ベース, アート・ブレイキー - ドラム

ジャズのスタンダード曲  

2016-11-21

How High The Moon の名演はこれだ

"How High The Moon"の名演はこれだ!

It could happen to you

大西順子が1996年に発表した6枚目のアルバム"プレイ・ピアノ・プレイ"に収められた"ハウ・ハイ・ザ・ムーン"は必聴の価値ある一曲です。 個性的なアドリブプレイが怒涛のように続き、なかなかメインテーマが出てきません。まだかまだかとじらして最後の最後に メインテーマが演奏されたときにはもう完全にカタルシスです。その構成力は見事の一言です。


曲目リスト
1.プレイ・ピアノ・プレイ
2.ハウ・ハイ・ザ・ムーン
3.スラッグス
4.トリニティ
5.ポートレイト・イン・ブルー
6.クトゥービアにて
7.ザ・ジャングラー
演奏メンバー
大西順子 - ピアノ, 荒巻茂生 - ベース, 原大力 - ドラムス

ジャズのスタンダード曲