あれこれネタまとめ

Written by S.Harada

音楽を聴くことが大好き。
特にジャズがお気に入りです。



 

音楽(ジャズ) ブログランキングへ


 

  カテゴリー


  アーカイブ


  リンク



 

« New  1  ...8  9  10  11  12  

2016-10-02

The Shape of Jazz to Come ( 2 ) ジャズ名盤20選

The Shape of Jazz to Come/オーネット・コールマン

The Shape of Jazz to Come

曲目リスト
1. Lonely Woman
2. Eventually
3. Peace
4. Focus On Sanity
5. Congeniality
6. Chronology
演奏メンバー
オーネット・コールマン - アルト・サックス ドン・チェリー - コルネット チャーリー・ヘイデン - ベース ビリー・ヒギンズ - ドラム


1959年に発表されたこのアルバムは、後にフリージャズと呼ばれるジャズの新しいスタイルのきっかけとなった作品です。あえてピアノを外すことで、定型的なコードの制約から離れ、自由度の高い演奏を実現しています。

ジャズ名盤20選  

2016-10-02

Kind Of Blue ( 1 ) ジャズ名盤20選

Kind of Blue/Miles Davis

Kind Of Blue 曲目リスト
1. So What
2. Freddie Freeloader
3. Blue In Green
4. All Blues
5. Flamenco Sketches

演奏メンバー
マイルス・デイヴィス - トランペット ジョン・コルトレーン - テナー・サックス キャノンボール・アダレイ - アルト・サックス(on1.,2.,4.,5.,6.) ビル・エヴァンス - ピアノ(on1.,3.,4.,5.,6.) ウィントン・ケリー - ピアノ(on2.) ポール・チェンバース - ベース ジミー・コブ - ドラム


1959年にリリースされたこのアルバムはモダンジャズ史上最高の傑作アルバムとされ、半世紀近くたった今でも、売れ続けるロングセラーアルバムです。
50年代末、ジャズの中心的なスタイルであったハードバップにマンネリ感が出始めた頃、先進的発想をもったミュージシャンたちが"モード"という新しい演奏スタイルを導入した画期的アルバムです。それまでコード進行(和音の構成音)に、ある意味縛られていた演奏が"モード"によって自由な発想でアドリブ演奏ができるようになったといえます。

ジャズ名盤20選